富士油圧精機株式会社
製品案内 製造設備 開発実績 会社案内 求人情報 お問い合わせ サイトマップ トップページ
社長挨拶
設計
部門紹介
会社概要
本社工場地図
東京支店地図
トップページへ戻る
沿 革
昭和40年8月
前橋市平和町1-2に於いて設立登記
9月
前橋市高田町地内の工場を買収、油圧ダイクッション及び製本機械[駒締機]の生産に入る
12月
油圧木工ブローチを開発・生産
昭和43年6月
前橋市荒口町に本社・工場を建設
10月
製本機械[スピン挿入機(FR)]を開発・生産
昭和46年3月
製本機械[油圧プレス]及び[自動ならし機(FN)]を開発・生産
5月
製本機械[自動スタッカー]及び省力搬送装置を開発・生産
昭和47年10月
製本機械[自動ならし機(FM)]を開発・生産
昭和48年5月
製本機械[反転装置(FTA)(FTB)]を開発・生産
6月
事務機[アイデックス]を開発・生産
昭和49年5月
製本機械[バッキングフィダー(FSB)]を開発・生産
10月
製本機械[交互集装置(FCS)]を開発・生産
昭和53年10月
自動車部品[複合洗浄機]を開発・生産
昭和54年12月
事務機[電動大束帯封機]を開発・生産
昭和57年3月
製本機械[一本積機(FPS)]を開発・生産
7月
製本機械[結束装置]を開発・生産
昭和58年5月
製本機械[タワーコンベアー(TC)]を開発・生産
昭和59年4月
製本機械[Rローダー(結束装置改良型)]を開発・生産
7月
印刷関連機械[スタッカーバンドラー]を開発・生産
昭和60年2月
製本機械[高速スタッカー(FBS)]を開発・生産
昭和61年8月
製本機械[投込装置]を開発・生産
昭和62年5月
製本機械パタレイザーを開発・生産
9月
製本機械(FCS-45,FBP-45改良型)を生産
平成1年 7月
製本機械[高速スタッカー]FBS-CWを開発・生産
9月
製本機械[非常排出]ECを開発・生産
平成2年11月 製本機械[自動結束機]PPバンドによる。開発・生産
平成3年7月
本社、工場完成、荒口工場より泉沢1250番地に移転
8月
製本機械[反転装置]TUPを開発・生産
9月
製本機械[リボン挿入機]MRI新型開発・生産
平成4年5月 製本機械[ウェイトチェッカー]EC-10,W/C開発・生産
10月 製本機械[クルミ機]FCMO新型作成・生産
平成5年 3月 印刷関連[スタッカーバンドラー]RP-SB新型、開発・生産
6月 製本機械[トライオート入口・出口自動化装置]JF,JD-BF,JD-BS開発・生産
6月 製本機械[中綴結束]ライン
平成6年 9月 製本機械[ラッピングスタッカー]FBS-CWB開発・生産
平成7年 8月 創立30周年を迎える。
12月 第二工場完成。レーザーカッティングマシン設置・稼動
平成10年1月 大胡工場を買収
平成11年2月 製本機械[高速パレタイザー]PLMUBを開発。 電話帳の高速ラインを中心に生産販売を開始
平成13年3月 製本機械[全自動包装機]をパックマン社提携し改造後生産販売を開始
4月 従来の書籍輪転デリバリースタッカーバンドラーに加え[商印用スタッカーバンドラー]TPLBを開発し生産を開始、輪転用スタッカーバンドラーの総合メーカーへと踏み出す。
平成14年4月 新聞輪転関連[ロール紙の鏡面処理、ワンプ処理支度処理装置]の開発を通産省の補助金で着手完成
6月 製本機械[中綴スタッカーバンドラー]CSSTを開発、世界最速のラインスピード(18000冊rph)に対応、集積排出スピードも世界最速の(25駒rpm)
を実現、大手印刷メーカーを中心に生産販売を開始
8月 食品機械[豆腐加熱殺菌装置]を(株)日本ハイコム様と共同開発、煮沸加熱殺菌解凍装置の生産開始
平成15年5月 食品機械[海老解凍装置]を(株)日本ハイコム様と共同開発、生産開始
9月
(以降)
食品機械[豆の加熱装置食、肉解凍装置、鶏肉解凍装置、フィルター乾燥装置、ハンペン加熱殺菌装置、魚の切り身解凍装置、冷凍パン生地解凍装置等々]生産に続々と着手
平成16年8月 新聞輪転関連[ロール紙の鏡面処理、ワンプ処理装置]をイギリス、デーリーミラー社向受注
10月 新聞輪転関連[ロール紙の鏡面処理、ワンプ処理、支度処理装置]をイギリス、ニューズインターナショナル社向で受注
11月 印刷機械[高速高精度仕分装置]を群馬大学、群馬産業センターとの共同開発で完成1800rpmの流れで高精度仕分に成功、生産販売開始
平成17年8月 製本印刷関連[全自動全面包装機]のバージョンアップ設計製作を完成、生産販売開始
9月 包装機関連[カード包装機向オートローダー]の開発 27000rphの速度で切り出しフィードに成功製造販売開始
CNC旋盤NL2500Y/700導入
平成18年2月 マニシングセンターNV5000 IB/50導入
7月 新生産管理システム稼動

平成18年10月

東京支店開設
平成18年11月 五面加工機 H40i導入
12月 レーザー加工機入替TRUMATIC L3050予定
平成19年1月 門型マシニグセンターMPC−3150E導入予定

平成19年2月

第3工場完成予定
       [平成18年11月現在]
 
会社概要
所在地
本社
〒379-2101 群馬県前橋市泉沢町1250-2
TEL(027)268−2631(代表)
FAX(027)268−2633
東京支店
〒335-0034 埼玉県戸田市笹目3-19-10
TEL(048)449-7451
FAX(048)449-7446
設立
昭和40年8月16日
資本金
9,800万円
代表者
代表取締役社長 松田淳一
役員
取締役工場長 羽鳥隆雄
取締役営業部長 恩田耕亮
取締役設計部長 石田桂司
監査役 松田秋子
従業員数
102名
営業内容
印刷機械関連装置・上製製本機械ライン
並製製本機械ライン
事務機・電動帯封機
一般産業機械の自動省力機械の設計
制作及び販売・サービス
メカトロニクス機械の製造・販売
主要製品

縦型スタッカーバンドラー
傾斜型スタッカーバンドラー
横型スタッカーバンドラー
当紙当板供給装置
高速スタッカー・反転機
一本積機・自動結束装置
トライオート自動供給装置
トライオートデリバリー自動化装置
新型高速パレタイザー
中綴高速スタッカー・中綴結束機
リボン挿入機・合紙クルミ機
投込装置・大束帯封機
フィーダー各種

取引銀行
ぐんま信金・群馬銀行・みずほ銀行
三井住友銀行・八十二銀行
足利銀行・三菱東京UFJ銀行
主な取引先

飯島製本(株)・(株)エスケイセールス
(株)NTTクオリス・大口製本印刷(株)
(株)オービービー・共同印刷(株)
共同製本(株)・共立印刷(株)
共立製本(株)・
近畿製本(株)
錦明印刷(株)・クオリス製本(株)
廣済堂印刷(株)・(株)国宝社
国立印刷局・三省堂印刷(株)
サンデン(株)・(株)渋谷文泉閣
新寿堂(株)・新日本紙工(株)
(株)善新堂・新日本紙工(株)
大日本印刷(株)・大日本法令印刷(株)
ダンク セキ(株)・(株)太洋
大和製本(株)・中央製版印刷(株)
DNPテクタス(株)・東京出版機械(株)
図書印刷(株)・東京美術紙工(株)
凸版印刷(株)・凸版製本(株)
ナカバヤシ(株)・難波製本(株)
日宝綜合製本(株)・日本精工(株)
牧製本印刷(株)
ミューラーマルティニジャパン(株)
ムサシ(株)・芳野マシナリー(株)
若林製本工場(株)



設 備
門型マニシングセンター MPC-3150E
東芝機械マシナリー
マニシングセンター YBM-640
安田工業
  YBM-660N 安田工業
  H40i 安田工業
  CTF6-A 牧野フライス
  MV-65 2台 森精機
  MV-55 森精機
オートミラー MHA-400 大阪機工
  MHA-500 大阪機工
旋盤 INTEGREX40ATS ヤマザキマザック
  SUPERQUICKTURN-250M 2台 ヤマザキマザック
  SUPERQUICKTURN-10 ヤマザキマザック
  MT2000α1 森精機
レーザー加工機 TOROMATIC L3050 トルンプ
プレスブレーキ TrumaBend V50 トルンプ
  PHS-110 KOMATSU
万能研削機 S30 iean PRO スチューダ
平面研削機 NP840-F 長嶋精工
フライス盤 YZ8L 山崎技研
ラジアンボール盤 REZ-1450 OOYA
3次元CAD/CAM AS-700/EYE ユニグラフィックス
  CAM-TOOLC3 グラフィックプロダクツ
  スーパーRANC 2台 ランクコーポレーション
  トップス-100 2台 IBM
  Meta CAM FAサービス
  FEATURE CAM 2台 FACT

>>このページの先頭に戻る

 

| トップページ | 製品紹介 | 製造設備 | 開発実績 | 会社案内 | 求人情報 | お問い合わせ |
サイトマップ | ご利用規約 | プライバシー保護 | 推奨環境 |

©2002-2005 FUJI YUATSU SEIKI CO.,LTD. All rights reserved.